テスト結果にどう反応したらいいか

お子様4人を東大医学部に合格させた、佐藤 亮子さんが自身の本で、

「テストの結果が良い時も悪い時も淡々とテンションを一定に保つ。
感情が気になるとテストの結果を隠すようになる。」

と書かれていました。

隠すというのは、自分で自分に嘘をつくのと同じなので、結果が悪かった場合、その結果に素直に向き合っていないことにもなってしまうからでしょうか?

勉強に限らず、仕事においても失敗した際に会社に報告して素直に反省すること無しに成長はありませんね。
かといって結果がよかったら、それはそれで有頂天になってしまったら成長が止まってしまいます。

結果は結果として素直に受け止めると同時に、常に意識は先へ先へと向かわせ、現状維持に満足することが無い常なる成長を実現しようとする姿勢が大事なんですね。

コメントフィード

トラックバックURL: http://xn--u9jy97hsnf60k18sry2acnx.com/%e4%bd%90%e8%97%a4%e4%ba%ae%e5%ad%90/%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e7%b5%90%e6%9e%9c%e3%81%ab%e3%81%a9%e3%81%86%e5%8f%8d%e5%bf%9c%e3%81%97%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%8b/trackback/