坪田信貴

偏差値30の金髪ギャル(聖徳太子を「せいとくたこ」と読む女子校生さやかちゃん)が、なんとわずか1年で慶應大学合格を果たした軌跡を綴るこちらの本(坪田信貴著)が売れています。


学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

出来る人を見ると、どうしても「素質」「才能」を意識してしまいますが、こういった本に触れると、単なる言い訳だって思い直しますね。
私がちょうど今読みふけっている中村天風先生の書籍も、素直さがあればだれでも夢がかなうという教えがベースとしてあるなと感じていて、まさに相通じるものがあるなと感心しました。
出来ない理由を探す時間があるってことは、余裕がある証拠。
そういえば、昨日ラジオ番組で出演されていた、東大首席卒業で弁護士、タレント、元財務官僚の山口真由さん。
弁護士試験の口述試験前に一番勉強した時は、1日19.5時間の勉強、3時間の睡眠、朝昼夕の食事は20分、お風呂が20分。で残り10分が母とのリラックスしたおしゃべり。で、試験中に蛍の光の幻聴がリフレインしたそうです。
そこまでまだやってないなーっておもって今頑張ってます。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://xn--u9jy97hsnf60k18sry2acnx.com/%e5%8f%97%e9%a8%93%e7%94%9f%e3%80%80%e3%82%84%e3%82%8b%e6%b0%97/%e5%9d%aa%e7%94%b0%e4%bf%a1%e8%b2%b4/trackback/